インフルエンザ患者数 例年より大幅減 今後の流行に注意を

新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されているインフルエンザについて、これまでに報告された患者数は、例年より大幅に少ない状態が続いていますが、国立感染症研究所では、今後の流行状況に注意するよう呼びかけています。

厚生労働省などによりますと、今月1日までの1週間に、全国およそ5000か所の医療機関から報告があったインフルエンザの患者数は、前の週から2人増えて合わせて32人でした。

インフルエンザは、1医療機関当たりの1週間の患者数が、全国で1人を超えると「全国的な流行期」入りとされていますが、今の時点では0.006人と大きく下回っています。

患者が報告された地域は、前の週の14の都道府県から2増え16の都道府県となりました。

国立感染症研究所などによりますと、例年、同じ時期では、数百人から3000人程度の報告があるということで、引き続き、少ない状況となっています。

世界的に見ても、インフルエンザの流行状況は例年と比べて低いレベルとなっていて、新型コロナウイルスに対してさまざまな対策がとられたことが影響している可能性があるということです。

ただ、インフルエンザが全国的な流行に入る時期は毎年、11月から12月ごろで、年によって大きく違うことから、国立感染症研究所では今後も引き続き、流行状況に注意するよう呼びかけています。