ベトナム「争いは平和的に解決を」武器使用認める中国に懸念

中国が、周辺海域で監視を行う中国海警局の任務などを定めた法律の草案の中で、武器を使用できるとしていることについて、南シナ海で中国と領有権を争うベトナムの外務省は「争いは平和的な方法で解決することを支持する」として、懸念を示しました。

中国の立法機関、全人代=全国人民代表大会が公表した「海警法」の草案では、中国海警局は管轄する海域で違法に活動し停船命令などに従わない外国の船舶には、武器を使用できるとしています。

また、「人工島や施設の安全を守るために必要な措置をとる」という文言もあり、南シナ海で軍事拠点化を進めている島を念頭にしているものとみられます。

これについて、ベトナム外務省のナム副報道官は5日の記者会見で、中国と領有権を争っている南シナ海の島の名前を挙げたうえで、「ベトナムには主権を主張できる歴史的な根拠がある」と述べ、中国をけん制しました。

そのうえで、「ベトナムは、すべての争いは国際法にしたがって平和的な方法で解決することを支持する」と述べ、懸念を示しました。

南シナ海をめぐってベトナムは、ことし4月、中国海警局の船と衝突したベトナム漁船が沈没したことや、中国が南シナ海の島々に行政区を設置したり、軍事演習を実施したりするなど活動を活発化させていることに警戒を強めています。

このため、ベトナムは、国際社会との連携強化を進めていて、今月12日から開催されるASEAN=東南アジア諸国連合の一連の首脳会議でも、南シナ海の問題について各国と意見を交わすものとみられます。