「学術会議」めぐり 野党側は予算委の集中審議求める

「学術会議」めぐり 野党側は予算委の集中審議求める
k10012694111_202011040535_202011040549.mp4
国会では、野党側が「日本学術会議」をめぐる政府の対応などをさらに議論する必要があるとして予算委員会の集中審議を求めています。与党側は法案審議を優先させたい考えで、今後、与野党の協議が行われる見通しです。
国会では、4日も、衆議院予算委員会で菅総理大臣とすべての閣僚が出席して質疑が行われ、立憲民主党の枝野代表や共産党の志位委員長らが菅総理大臣に対し、「日本学術会議」の会員候補を任命しなかった理由や経緯について説明責任を果たすよう求めることにしています。

一方、今後の国会審議について、野党側は「学術会議」をめぐる政府対応に加え、北海道での感染拡大などを踏まえ新型コロナウイルス対策をさらに議論する必要があるとして衆参両院で予算委員会の集中審議を求めています。

これに対し、与党側は、新型コロナウイルスのワクチン確保に関する法案などの審議を優先させたい考えで、今後、自民党と立憲民主党の国会対策委員長が会談するなど、与野党の協議が行われる見通しです。