催涙スプレー噴射か マスク着用めぐり注意の男性が軽傷

3日昼すぎ、東京 千代田区の地下鉄の駅で、男性が男から催涙スプレーをかけられたと駅員に訴え、病院で手当てを受けました。
男は立ち去り、男性は「マスクで鼻まで覆っていないことを注意したらトラブルになった」と話をしているということで、警視庁がいきさつを調べています。

3日午後1時前、東京 千代田区の東京メトロの半蔵門駅の駅員から「スプレーのようなものをまかれたと話す男性がいる」と警視庁に通報がありました。

警視庁や東京メトロによりますと、男性は40代で、隣の九段下駅のホームで男とトラブルになり、顔に催涙スプレーのようなものをかけられたということで、目の痛みで病院で手当てを受けましたが軽傷だということです。

男性は「地下鉄の車内でマスクで鼻まで覆っていない男を注意したら口論となり、九段下駅で下車してもみあいになり、スプレーのようなものを噴射された」と話しているということです。

男は30歳くらいで、トラブルのあとその場から立ち去ったということで、警視庁がいきさつを調べています。