イ・ミョンバク元大統領を収監 収賄などの罪 懲役17年判決確定

収賄などの罪に問われ、保釈されていた韓国のイ・ミョンバク(李明博)元大統領は、懲役17年の判決が確定したことを受け、2日に収監されました。

イ・ミョンバク元大統領は、2日午後2時前、保釈中に滞在していたソウル市内の自宅を出て、検察で手続きを済ませたあと、ソウル東部拘置所に到着し、再び収監されました。

このあと健康状態などを踏まえ、刑務所に移されるかどうか最終的に判断されるということです。

2013年まで5年間の任期を務めたイ元大統領は、みずからが実質的に所有していた自動車部品会社の訴訟費用を、財閥系企業のサムスン電子に肩代わりさせ、見返りにサムスン電子の会長に恩赦を与えたなどとして、収賄や横領などの罪に問われていました。

最高裁判所は10月29日に懲役17年と罰金130億ウォン、日本円で、およそ12億円、それに追徴金57億8000万ウォン余り、日本円で5億3000万円余りの支払いを命じた2審の判決を確定させました。

韓国の歴代の大統領経験者のうち、刑事事件で起訴されて実刑判決が確定したのはイ元大統領で4人目です。

保守系のイ元大統領は、革新系のムン・ジェイン(文在寅)政権による報復だと主張していて、判決のあと「法治が崩れた。韓国の未来が心配だ」とする声明を出しています。

元大統領の自宅周辺では

イ・ミョンバク元大統領の自宅には、出発を見送ろうと側近らが集まりました。

弁護士によりますと、イ元大統領は側近らに対し「あまり心配しないでほしい。私を拘束することはできたとしても、真実を隠すことはできない」と話したということです。

一方で、自宅の周辺では、大勢の警察官が警備にあたるなか、イ元大統領に謝罪を求める市民が抗議の声をあげるなどして、騒然とした雰囲気になりました。

また、自宅前には多くの報道陣もつめかけていましたが、イ元大統領は、取材に応じることなく、車に乗って自宅をあとにしました。

ニュース専門のテレビ局は、イ元大統領が乗った車が移動する様子を上空からの映像も交えて、生中継などで詳しく伝えていて、韓国社会では高い関心が寄せられています。