スキージャンプ 小林陵侑が2年連続優勝 女子は伊藤有希 札幌

スキージャンプ 小林陵侑が2年連続優勝 女子は伊藤有希 札幌
スキージャンプの大会が札幌市で行われ、男子では小林陵侑選手が2年連続で優勝し、女子では伊藤有希選手が5年ぶりに制しました。
先月29日から始まったスキーサマージャンプの大会は、選手の移動を減らし感染防止対策を徹底しようと、31日から札幌市の大倉山ジャンプ競技場で4日間続けて開催されています。

1日は男女のラージヒルが行われ、このうち男子では、31日、みずから持つサマージャンプの大会のジャンプ台記録にならぶ141メートル50の大ジャンプで優勝した小林選手が、1回目にそれ以上飛ぶと危険とされる「ヒルサイズ」を超える最長不倒の138メートルを飛びました。

しかし、有利な向かい風で飛んだとして得点が引かれ、2位で2回目に臨みました。

2回目は不安定な風で距離を伸ばせない選手が多い中、133メートル50を飛び、269.1で2年連続の優勝を果たしました。

48歳のベテラン、葛西紀明選手は10位でした。

一方女子では、31日女子のサマージャンプの大会でのジャンプ台記録を更新して優勝を果たした伊藤選手が、2回目に133メートルの好ジャンプを見せ、合計246.4で5年ぶりにこの大会を制しました。

ピョンチャンオリンピックで銅メダルの高梨沙羅選手は、31日に続き2位でした。

小林「調子少しずつ上がる」

2年連続で優勝を果たした小林陵侑選手は「きょうもすごく難しい条件だったので、とにかくけががなくてよかった。1回目は風が強くて、空中に出てからその風に負けないよう心がけた。2回目はいい流れで飛べたと思う」と振り返りました。

今シーズンについては、「調子は少しずつ上がっている。自分の感覚と体をしっかりとすり合わせて、少しずつ冬に向かって状態が上がればいいと思う。なかなか厳しいシーズンになると思うが、コンスタントにいいジャンプができれば」と話していました。

伊藤「風に恵まれた」

31日の大会に続いて優勝した伊藤有希選手は「きょうは全体的に難しい条件の風だったが、私は2回とも恵まれていた。ジャンプ自体はそんなによくなかったが、条件で勝つことができた。自分の技術に集中するよう心がけた」と冷静に振り返りました。

そして異例の連戦については「疲れていないと言えばうそになるが、うまく調整できた選手が最後まで戦い抜くことができると思う。この連戦を戦い抜くことが自分のワールドカップにつながる自信になると思うので、自分を試しながらいきたい」と話していました。