マンションで火事 活動中の消防署員1人死亡 住民7人搬送 盛岡

31日夜、盛岡市のマンションで火事があり、住民の救助などにあたっていた消防署員1人が亡くなったほか、マンションの住民7人が病院に搬送されました。消防と警察が現場検証を行い火事の原因を調べています。

31日午後10時前、盛岡市茶畑にある8階建てのマンションから火が出ていると、消防に通報がありました。

警察と消防によりますと、火はおよそ3時間半後にほぼ消し止められましたが、この火事でマンションの5階の部屋などが焼け、住民の救助活動にあたっていた盛岡中央消防署の消防司令、千葉伸二さん(58)が死亡しました。

また、マンションに住む7人がやけどを負うなどして病院に運ばれましたが、いずれも命に別状はないということです。

消防によりますと、亡くなった千葉さんは現場で住民の救助活動を始めてからおよそ1時間後に、マンションの外の敷地で倒れているところを別の署員に発見されたということです。

千葉さんに目立った外傷はなく、身につけていた装備に損傷も見られないことなどから、病気で亡くなった可能性もあるとみて調べています。

消防と警察は、1日午前10時ごろから火元とみられる5階の部屋を中心に現場検証を行い、火事の原因を調べています。

現場は、盛岡市役所から南東に1.5キロほどの場所にある住宅街の一角です。

マンションに住む男性「『ドーン』という音がして…」

火元のマンションに住む66歳の男性は「寝ていたところ『ドーン』という音がして驚いて起きた。続けて大きな音がして、ベランダの窓を開けたら下から炎が上がっていて、ものすごい熱と炎で窓が割れた。カバンを1つ持って廊下に出たら、煙と熱がすごくて逃げるときもむせた。とにかく炎がすごかった」と話していました。