在日イスラム教徒 仏大使館近くで抗議デモ 東京

イスラム教の預言者の風刺画をめぐってフランスのマクロン大統領が表現の自由を守る姿勢を示したことに中東やアジアのイスラム圏で反発が強まる中、30日、東京でもフランス大使館の近くで日本に住むイスラム教徒が抗議デモを行いました。

東京 港区にあるフランス大使館近くには30日午後、日本に住むイスラム教徒およそ300人が集まり、「フランスの商品を買うな」とか「恥を知れマクロン」などと書かれたプラカードを掲げ、フランス政府の対応を非難しました。

千葉県から来たパキスタン人の男性は「預言者を侮辱され、傷ついている。それをフランス大使館に知ってほしい」と話していました。

フランスでイスラム教の預言者の風刺画を生徒に見せた教員が殺害された事件をめぐって、マクロン大統領が「風刺画を見せる自由を諦めない」と述べ、表現の自由を守る姿勢を示したことに中東やアジアのイスラム圏では反発が広がっています。

29日にはサウジアラビアにあるフランス総領事館で警備員が切りつけられる事件が起きるなど、各国で緊張が高まっていて、30日の東京での抗議デモには多くの警察官が動員され警戒に当たっていました。

抗議デモを主催したアライン・ナイム・ウル・ガニさんは「暴力は許されないが今回の件は表現の自由を超えていてみな怒っている。お互いの国や文化、宗教を理解することが必要だ」と話していました。