“鬼滅の刃”と 鬼瓦職人「鬼師」がタッグ 愛知 高浜

厄よけとして古くから屋根に飾られてきた鬼瓦をつくる職人「鬼師」たちがアニメーション映画が人気を集めている「鬼滅の刃」とタッグを組んで業界を盛り上げようという取り組みが、全国一の瓦の産地、愛知県高浜市で始まりました。

この取り組みは業界の活性化につなげようと、鬼瓦をつくる職人「鬼師」などの組合と高浜市が企画しました。

高浜市役所では30日、「鬼滅の刃」のキャラクターをあしらったモニュメントの除幕式が行われ、三州瓦工業協同組合の山本英輔理事長が「いぶし銀の魅力、鬼師や鬼瓦ということばを若い人にも伝え、その魅力を知ってもらいたい」とあいさつしました。

このあと鬼師など関係者が幕を引き、15枚の瓦の形をしたモニュメントが披露されました。
モニュメントは9人の鬼師が鬼瓦と同じ技法で制作し、縦横30センチの瓦にアニメのキャラクター14人とロゴがあしらわれています。

高浜市の吉岡初浩市長は「鬼師たちの技術が日本の文化を守っていることを全国の人に知ってもらう機会になればいいと思う」と話していました。

業界の活性化に向けた取り組みは来年1月29日まで続き、期間中、グッズの販売や鬼師の仕事を体験できる催しなどが行われます。