防火貯水槽に男性の遺体 殺人事件として捜査 千葉 印西

28日昼前、千葉県印西市にある防火貯水槽の中で、成人とみられる男性が水に浮いて死亡しているのが見つかり、警察は遺体に複数の傷があることなどから殺人事件として捜査を進めています。

警察によりますと、28日午前11時すぎ、千葉県印西市小林にある防火貯水槽の中で、成人とみられる男性が水に浮いて死亡しているのを警察官が見つけました。

警察によりますと27日、「1週間ほど前に男性がトラブルに巻き込まれたようだ」という通報が寄せられ、通報に基づいて現場付近で28日朝から捜索を進めていたところ遺体が見つかりました。

男性は、40代から60代とみられ遺体は足の一部がなく、首の切り傷など複数の傷があるということです。

また、白い半袖シャツと茶色のスウェットのズボンをはいていたということです。

貯水槽はコンクリート製で地中に埋まっていて、警察が捜索するまではふたは閉まっていたということで、警察は殺人事件として捜査を進めています。

現場は、JR成田線の小林駅から南西に1キロほど離れたところです。