学術会議の役割など検討へ 井上大臣と河野大臣 方針確認

日本学術会議の在り方をめぐり井上科学技術担当大臣は、河野行政改革担当大臣と会談し、学術会議の役割や機能、それに予算や事務局の規模の妥当性などについて、自民党の作業チームとも連携しながら、検討を進めていく方針を確認しました。

日本学術会議の在り方在り方をめぐって所管する井上科学技術担当大臣は、28日午前、東京 永田町の合同庁舎で、河野行政改革担当大臣と会談しました。

この中で井上大臣は学術会議が期待されている、役割や機能を果たせているかを検証するため、29日東京 港区にある学術会議を視察することや、先週会談した学術会議の梶田会長から、提言機能などについて年末をめどに、報告を受けることを説明しました。

一方、河野大臣は年末の予算編成に向けて、行政改革の観点から、予算や事務局の規模の妥当性などを検証することにしていて、両大臣は自民党の作業チームとも連携しながら検討を進めていく方針を確認しました。

会談のあと井上大臣は記者団に対し「行政改革の観点からの効率化の話と、役割や機能の在り方は、一体として関係するものであり、ひょうそくを合わせていこうという話をした」と述べました。