パキスタン 神学校で爆発 8人死亡 100人以上けが 爆弾テロか

パキスタン北西部にあるイスラム教の神学校で爆発があり、これまでに少なくとも8人が死亡し、100人以上がけがをしました。地元の警察は、過激派による爆弾テロ事件とみて調べています。

パキスタン北西部のペシャワルにある「マドラサ」と呼ばれるイスラム教の神学校で27日午前、大きな爆発がありました。

地元当局によりますと、神学校は当時、授業中で、爆発で建物は大きく壊れ、これまでに少なくとも8人が死亡し、100人以上がけがをして病院で手当てを受けているということです。

地元メディアは、捜査関係者の話として何者かが校内に仕掛けた爆発物を爆発させたと伝えています。これまでのところ犯行声明は出ていませんが、地元の警察は宗教施設をねらって爆発物を使う手口などから過激派による爆弾テロ事件とみて調べています。

パキスタンでは、宗派の対立などからイスラム過激派組織による爆弾テロがたびたび起きていて、治安の不安定な状況が続いています。