国連本部 新型コロナ感染5件報告 対面での会合をすべて中止

国連総会のボズクル議長は、加盟国の国連代表部に所属する5人が、新型コロナウイルスに感染したとして、27日にニューヨークの国連本部で予定されていた主要な委員会の対面での会合を、すべて取りやめることを加盟国などに通知しました。

国連総会のボズクル議長が26日、加盟国などに送った通知によりますと、加盟国の国連代表部に所属する5人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたということです。

このため、27日にニューヨーク・国連本部で予定されていた主要な委員会の対面での会合を、すべて取りやめることを決めたということです。

理由については国連本部の職員など関係者の健康面に配慮したためとしています。

この影響で、日本が提出した核兵器の廃絶決議案の採決が予定されていた27日の国連総会の委員会も延期になる見通しです。

国連本部は新型コロナウイルスの感染を防ぐためにことし3月からほとんどの職員が在宅勤務を行っていて、7月からは、施設に出はいりできる人数を段階的に緩和していました。