「月面の太陽光あたる部分に水」NASA 初めて存在確認と発表

「月面の太陽光あたる部分に水」NASA 初めて存在確認と発表
NASA=アメリカ航空宇宙局は月面の、太陽の光があたる部分に水が存在することを初めて確認したと発表しました。
月には、太陽の光があたらない南極などに水が存在することはすでに知られていました。
NASAは26日、飛行機に搭載された望遠鏡、「SOFIA」=成層圏赤外線天文台で月を観測し、太陽光のあたる部分にも水があることを初めて確認したと発表しました。

水の存在が確認されたのは月の南半球の、地球から見える側にある「クラビウス・クレーター」で、分析の結果、月の土壌1立方メートル当たり350ミリリットル程度の水が含まれていると考えられるということです。

月には太陽の光があたらない南極などに水が存在することは探査機の観測などですでに知られていました。研究チームは「大気のない月では太陽光があたると水は蒸発して宇宙空間に失われてしまうはずなので、水を作り出したり、とらえて逃さないようにしたりする何らかの仕組みがあるとみられる」として、小さな隕石(いんせき)の衝突で水がもたらされたり、何らかの化学反応で水が作り出されたりしている可能性があるとしています。

月面の水は宇宙空間で人間が活動するための酸素や水をもたらしたり、宇宙船の燃料に使ったりできる可能性が期待されていて、各国の月探査の目的の一つとなっています。

研究チームは、今回発見された水が実際に利用できるかどうかは今後、さらに探査が必要だとしています。