クマに襲われけが 全国で計63人 うち2人が死亡 先月以降

この秋、各地でクマの出没が相次いでいます。先月以降に全国で少なくとも63人がクマに襲われてけがをし、このうち2人が死亡したことが、NHKのまとめでわかりました。

ことしはクマが人里に出没するケースが多発し、襲われてけがをする人も相次いでいます。

NHKが各地の放送局を通じて、23日の時点で全国の状況をまとめた結果、先月から今月にかけて、クマに襲われてけがをした人は少なくとも63人に上ることが分かりました。

このうち、秋田県と新潟県でそれぞれ1人がその後、死亡しています。

けが人の県別内訳 新潟13人 石川11人 岩手9人など

けがをした人が最も多かったのは
▽新潟県で13人、
▽次いで石川県が11人、
▽岩手県が9人、
▽福井県が8人、
▽福島県と群馬県がそれぞれ5人などとなっています。

また、今年度の4月以降にけがをした人は、合わせて123人となりました。

これは、一昨年度1年間の53人をすでに大幅に超えていて、この10年では昨年度1年間の157人に次いで2番目に多くなっています。

また、北海道などを除くクマの出没情報は、先月と今月で少なくとも4097件に上っています。

去年と比較できる9月の件数でみると、ことしは2471件と、去年より312件多くなっています。

専門家 要因は「餌不足と生息区域の拡大」

クマの生態に詳しい東京農業大学の山崎晃司教授は、クマの出没が多発している理由について、ことしは餌となる木の実が不作で少なくなった地域もあり、クマが食べ物を求めて人里にやってきていること、過疎や高齢化によって、もともと人間が使っていた場所が森に戻りつつあり、クマの生息区域が広がっていることなどを挙げています。

そのうえで、クマの出没を防ぐための対策として「人家の周辺に食べ物が豊富にあれば何度でもやってくるので、野菜や果物を早めに収穫するほか、ドッグフードの保管場所などにも注意を払ってほしい」と話しています。

さらに「用水路など熊の通路になりそうな場所では、茂っている木を切ったり電気柵を張ったりして、熊が市街地まで移動できる手段を絶つことも重要だ。クマと人の住む場所を明確に分ける取り組みが行政などに求められる」と話していました。