飛び降りの巻き添えで重体の女子大学生が死亡 大阪 梅田

23日、阪急・大阪梅田駅近くの商業施設の屋上から飛び降りて死亡した高校生の巻き添えになり、意識不明の重体となっていた19歳の女子大学生が死亡しました。警察が詳しいいきさつを調べています。

23日夕方、大阪 北区の阪急・大阪梅田駅近くの商業施設「HEP FIVE」の屋上から飛び降りたとみられる17歳の男子高校生が死亡し、下を歩いていた女性が巻き添えになりました。

女性は意識不明の状態で病院に運ばれ治療を受けていましたが、24日午後2時すぎに死亡しました。

警察によりますと死亡したのは兵庫県加古川市の大学生古川賀子さん(19)で、23日は知人と2人で買い物に来ていたということです。

飛び降りたとみられる高校生は屋上にかばんを残していましたが、今のところ遺書のようなものは見つかっていないということです。

警察は飛び降り自殺を図ったとみて、詳しいいきさつを調べています。