サッカー日本代表 来月13日にパナマ代表と強化試合

サッカーの日本代表が来月、パナマ代表との強化試合をオーストリアで行うことになりました。

日本サッカー協会によりますと、日本代表は来月17日にオーストリア南部の都市、グラーツでメキシコ代表と強化試合を行う予定ですが、その4日前の13日に同じ会場でパナマ代表とも強化試合を行うということです。

いずれの試合も新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で行われます。

日本代表はパナマ代表と2年前に強化試合で対戦し、3対0で勝っていますが、森保一監督は「パナマ代表はフィジカルが強く前への推進力があり、ホイッスルが鳴るまであきらめずにプレーをし続ける粘り強さを持っている。それに負けない粘り強さ、しぶとさをピッチで出し、勝利という結果を残したい」とコメントしています。

日本代表は今月、およそ10か月ぶりにオランダで活動を再開し、ヨーロッパのチームに所属する選手だけで構成したチームで臨んだ強化試合ではカメルーン代表と0対0の引き分け、続くコートジボワール代表との強化試合は1対0で勝ちました。