“海賊版サイト”への対応 要請 出版社の団体や超党派議連など

“海賊版サイト”への対応 要請 出版社の団体や超党派議連など
k10012675511_202010221544_202010221554.mp4
漫画「鬼滅の刃」が記録的なヒットとなるなど、日本の作品が注目を集める中、海外のインターネットサイトに日本の漫画を無断で掲載する海賊版の被害が急増しているとして、出版社の団体や超党派の議員連盟などが政府に対策を求める提言書を提出しました。
提言書では、海外のサーバーを使って日本人向けに人気漫画を無断で掲載する海賊版サイトによる著作権の被害が急増しているとして、サーバーが設置されているベトナムなどの国に対し対策を働きかけるよう求めています。

海賊版サイトのうち、日本からのアクセスの多い上位10サイトへのことし8月と先月の月間のアクセス数の合計は、それぞれ1億5000万前後に上り、史上最悪の著作権被害を出したと言われる海賊版サイト「漫画村」のときを上回っているということです。

大手出版社によりますと、海賊版サイトは、現在確認されているだけでも700ほどに上り、月に数万件の削除要請を出していますが、海外のサイトは要請に応じなかったり、削除されたとしても、URLを変更して再び開設したりすることも多く、対策が困難だということです。

出版社の団体によりますと、「漫画村」のときはおととし2月までの半年間でおよそ3000億円相当の出版物が無料で読まれたとしていて、海賊版サイトによって本来の利益が得られなくなり、出版者や作家にとって死活問題だと訴えています。

提言書の提出のあと、超党派議連の古屋圭司会長は「海賊版サイトは国内だけで対策できる問題ではなく、外交チャンネルを使って政府を挙げてやっていただきたい」と述べました。

出版社の団体は、作り手に収益を還元し今後も新たな作品を生み出していくため、消費者に対しても海賊版サイトを閲覧しないよう呼びかけています。

「国際連携の強化含め必要な対応とる」加藤官房長官

加藤官房長官は、午後の記者会見で、「海賊版の国際的な対策について、国際連携や国際執行の強化を含め、必要な対応をとっていきたい。また、文化芸術活動の継続支援事業では、同人誌の即売会なども支援対象となっていて、現在、文化庁で追加募集の詳細が詰められているということで、活用を図ってほしい」と述べました。