自民 石破元幹事長 派閥会長辞任を正式表明 総裁選の敗北受け

自民党の石破元幹事長は、自身が率いる石破派の会合のあと記者団に対し、先月の総裁選挙で敗れたことを踏まえ、「責任をとることがとるべき道だと考えた」と述べ、派閥の会長を辞任することを正式に表明しました。

自民党の石破元幹事長は、22日午後、自身が率いる石破派の所属議員を集め、臨時の総会を開きました。

このあと石破氏は、記者団に対し、「これまで総裁選挙に4回立候補し、直近の2回は石破派を中心に支援してくれる皆さんとともに戦ったが、期待に応えることができなかった。責任をとることが私のとるべき道だと考えた」と述べ、石破派の会長を辞任することを正式に表明しました。

そのうえで、石破氏は「一人一人の議員が次の選挙で議席を維持するために自分としてできるかぎりのことを、今まで以上にやっていきたい」と述べ、派閥には引き続きとどまる考えを示しました。

後任の会長については、事務総長を務める鴨下・元環境大臣を中心に議論して決めることになったということです。

一方、記者団から、次の総裁選挙への対応を問われたのに対し、石破氏は「きょうの会合では、議論していないし、私からも発言していない」と述べるにとどめました。

石破氏は、衆議院鳥取1区選出の当選11回で、63歳。これまで自民党の幹事長や政務調査会長に加え、地方創生担当大臣や農林水産大臣など党や政府で要職を歴任してきました。

自民党総裁選挙には先月の総裁選挙を含めこれまでに4回、立候補しています。このうち、自民党が政権を奪還する直前の平成24年の総裁選挙では、5人の候補者のうち、最も多くの党員票を獲得しましたが、国会議員票と合わせた得票が過半数に届かず、決選投票の結果、安倍前総理大臣に敗れました。

5年前の平成27年9月に、安倍氏の後継の総理大臣を目指したいとして、石破派を立ち上げ、設立当初からみずから会長を務めてきました。石破派には、現在、19人の議員が所属し、党内に7つある派閥のうち6番目の勢力です。

竹下元総務会長「どういうことなのか様子を見たい」

自民党の竹下元総務会長は、派閥の会合のあと記者団に対し「正直驚いた。石破氏でもっている派閥であり、派閥の領袖(りょうしゅう)というのは、そんなに簡単に辞めたり、なったりするものではない。どういうことなのか、様子を見たい」と述べました。

山下元法相「思い受け止めた 誠に残念」

自民党石破派に所属する山下元法務大臣は、国会内で記者団に対し、「石破氏の思いを受け止めた。石破氏は、『2日間、寝ないで考えた』と言っていて、考え抜いたうえでの決断だと思う。誠に残念だ」と述べました。

齋藤元農相「残念以外ない」

自民党石破派に所属する齋藤元農林水産大臣は、国会内で記者団に対し「石破氏は国民に人気が高く、このような事態にならざるをえなかったのは残念以外にない。ただ、政治家の出処進退は、本人が下す以外はないので、その潔さに胸を打たれた。石破派は、気骨ある集団なので、派閥のこれからについては仲間とよく相談していきたい」と述べました。

官房長官「総裁選も踏まえ 思いを伝えたものと受け止め」

加藤官房長官は22日午後の記者会見で「石破元幹事長が、自民党総裁選挙も踏まえて、そうした思いを仲間の皆さんに伝えられたということだと思うので、そうしたものとして受け止めていきたい」と述べました。

石破元幹事長 党本部で二階幹事長に報告

石破元幹事長は22日夕方、党本部で二階幹事長と会談し、派閥の会長を辞任したことを報告しました。

このあと、石破氏は記者団に対し、「派閥の会合で話したことを、そのまま二階氏に伝え、所属議員の選挙区調整などを引き続き、お願いした。二階氏からは、いいとか、悪いとかのコメントはなく、『一生懸命、頑張るだけだ』とのことだった」と述べました。

石破氏 次の総裁選立候補明言避ける

自民党石破派の会長を辞任した石破元幹事長は、民放のラジオ番組で、次の総裁選挙への対応について、「菅政権ができたばかりで、来年のことを言うべきではない」と述べ、みずからが立候補するかどうかは、明言を避けました。

自民党の石破元幹事長は22日、自身が率いる石破派の会合で、先月の総裁選挙で敗れた責任を取りたいとして、派閥の会長を辞任しました。

このあと石破氏は、TBSラジオの「荻上チキ・Session」に出演し、次の総裁選挙への対応について、「菅政権が9月にできたばかりで 来週から国会が始まる時に、『来年、私がやります』というのは非常識だ。みんなで菅政権を支えないといけない時に、来年のことを言うべきでない」と述べ、みずからが立候補するかどうかは、明言を避けました。

また、今後の派閥の在り方について、石破氏は、「5年間、同志と一緒に政策集団として一生懸命、政策を練ってきた。こういう集団は自民党のために絶対に必要であり、これから先も存続するように最大限の努力をしなければならない。ほかの派閥との合併だの、解散だのということは全く考えていない」と述べました。