初鹿明博衆院議員 辞職意向を表明 女性問題で立民を去年離党

女性問題をめぐって、去年、立憲民主党を離党し、無所属で活動してきた初鹿明博衆議院議員は「真摯(しんし)に反省して、辞職をけじめとしたい」と述べ議員辞職する意向を明らかにしました。

衆議院比例代表の東京ブロック選出で、当選3回の初鹿明博衆議院議員は、5年前にタクシーの車内で、知人の女性にわいせつな行為をしたとして、去年12月に書類送検され、所属していた立憲民主党を離党しました。

その後、検察の捜査を経て、初鹿氏は、先月、不起訴処分となりました。

初鹿氏は、22日、国会内で記者会見し「不起訴にはなったが、相手から告訴されたことを考えると、私の言動に問題があり、不快に思わせる原因があったということなので、真摯に反省して謝罪し、辞職をけじめとしたい」と述べ、議員辞職する意向を明らかにしました。

また、初鹿氏は、今後の選挙への対応について、「今の段階では決めておらず、白紙だ。地道に地域で活動を続けていくことで、信頼を取り戻していきたい」と述べました。

初鹿氏は、会見に先立って大島衆議院議長宛てに、議員辞職願を提出し、今後、辞職が認められれば、比例代表東京ブロックの立憲民主党の名簿から、松尾明弘氏が繰り上げ当選することになります。