両陛下 コロナ禍で子ども支援の養護施設の関係者ねぎらう

天皇皇后両陛下は、新型コロナウイルスの影響を受けながらも子どもたちの支援に取り組む児童養護施設について説明を受け、関係者をねぎらわれました。

両陛下は21日、お住まいの赤坂御所で児童養護施設の関係者や厚生労働省の幹部ら4人からおよそ1時間にわたって話を聞かれました。

この中で、天皇陛下は、新型コロナウイルスの影響を受けながらも支援に取り組んでいる施設関係者に対して「子どもたちの幸せのため日夜ご尽力いただいていることに本当に感謝します」などとねぎらわれたということです。

また、皇后さまは、子どものころに虐待を受け、大人になってから自分もしてしまう、いわゆる虐待の連鎖などについて熱心に質問し、子どもたちの置かれた状況に「非常に心が痛みます」と話されていたということです。

虐待を受けるなどした子どもたちの自立支援に取り組む社会福祉法人の齋藤美江子施設長は「帰り際にも職員たちに向けて温かいおことばをいただきました。職員にきちんと伝えて頑張っていきたい」と話していました。