マンホールに転落し作業員2人死亡 現場から硫化水素など検出

マンホールに転落し作業員2人死亡 現場から硫化水素など検出
k10012673301_202010210517_202010210518.mp4
20日夜、茨城県土浦市で下水道の汚泥を取り除く作業にあたっていた男性作業員2人が相次いでマンホールの底に転落し、いずれも搬送先の病院で死亡しました。消防によりますと現場からは硫化水素などが検出されたということで、警察は事故の原因を詳しく調べています。
警察や消防によりますと20日午後8時前、茨城県土浦市本郷で「下水道で作業中に男性が急に倒れた。助けに行った別の男性も意識がない」と同僚から消防に通報がありました。

2人は2時間半あまりあとに消防によって引き上げられましたが搬送先の病院で死亡しました。

警察によりますと死亡したのはいずれも会社員で土浦市の佐伯洋祐さん(41)と茨城県つくば市の岡野裕樹さん(38)で当時、市の依頼を受けて下水道の汚泥を除去する作業を行っていたということです。

これまでの調べによりますと佐伯さんは下水道内での作業を終えて地上に出ようとした際にマンホールの底に転落し、助けに向かおうとした岡野さんも転落したということです。

消防によりますと現場からは硫化水素や一酸化炭素が検出されたということで、警察は事故の原因を詳しく調べています。

現場は常磐自動車道の土浦北インターチェンジから北西に3キロほどのところです。