“外出は原則自宅から5キロ以内” コロナ対策でアイルランド

“外出は原則自宅から5キロ以内” コロナ対策でアイルランド
新型コロナウイルスの感染がヨーロッパ各国で急速に拡大する中、アイルランドは、原則として外出を自宅から5キロ以内に限るなどの厳しい対策を6週間にわたって実施すると発表しました。
新型コロナウイルスの感染は、ヨーロッパ各国で急速に拡大していて、このうちアイルランドでは1日当たりの感染者数が、今月初めに比べて3倍近くにまで増えています。

こうした状況を受けて、アイルランドのマーティン首相は19日、5段階ある感染対策のうち、最も厳しい対策を21日から6週間にわたって実施すると発表しました。

原則として、外出が自宅から5キロ以内に限られるほか、食料品や医薬品を販売する店舗などを除く小売店は休業するよう求められ、パブやレストランは持ち帰りのみの営業に限られます。

ただ、学校については授業を続けるということです。

また、イギリスでは西部のウェールズで23日からおよそ2週間にわたり、厳しい対策がとられることになりました。

市民は不要不急の外出を控えるよう求められるほか、生活必需品を販売する店舗以外は営業を禁じられます。

パブやレストランは持ち帰りに限って営業が認められます。

イギリスでは、1日の新たな感染者が1万8000人を超える日もあるなど、全土で感染が拡大していて、地域の状況に応じて対策が導入されています。