日米印の共同訓練にオーストラリア海軍初参加へ 中国けん制か

日米印の共同訓練にオーストラリア海軍初参加へ 中国けん制か
k10012671601_202010200551_202010200557.mp4
日本の海上自衛隊とアメリカ海軍、それにインド海軍が毎年行っている共同訓練にことしはオーストラリア海軍が初めて参加することになりました。4か国は、中国を念頭に安全保障面での連携を強化していて、訓練の実施は、中国の海洋進出の動きを強くけん制するものとなりそうです。
海上自衛隊とアメリカ海軍、それにインド海軍が毎年行っている共同訓練「マラバール」は、ことしは来月、インド近海で行われる予定です。

オーストラリアのペイン外相とレイノルズ国防相は19日、声明を発表し、インドからの招待を受け、訓練にオーストラリア軍が参加すると発表しました。

オーストラリアの訓練参加は、参加国が今の枠組みになってからは初めてです。

声明の中でペイン外相は、「訓練は、地域の平和と安定を保つための4か国の連携を強化するものになるだろう」としたほか、インド国防省も声明で「海上の安全を守るため、各国との協力を拡大させていく」としています。

日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国は今月6日、東京で行われた外相会合で、中国を念頭に法の支配などに基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて結束していく方針を確認したばかりで、今回の訓練の実施は、中国の海洋進出の動きを強くけん制するものとなりそうです。
加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で、「日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国の緊密な連携は、自由で開かれたインド太平洋の維持、強化を進めていく上で、極めて重要だと考えており、オーストラリア海軍の参加が実現するのであれば、わが国としても歓迎したい」と述べました。

一方、記者団が「中国からの反発も予想されるのではないか」と質問したのに対し、加藤官房長官は、「自由で開かれたインド太平洋は、特定の国を排除しているものではない。インド太平洋をまさにそうした地域にしていきたいという思いを持つ国が、一緒になって構築していく構想だ」と述べました。