インフラの維持管理 コスト削減図る自治体 優先的に支援を

インフラの維持管理 コスト削減図る自治体 優先的に支援を
国の財政問題を話し合う「財政制度等審議会」が開かれ、財務省は老朽化が進むインフラの維持管理にかかる支出を抑えるため、最新の技術を活用してコストの削減を図る自治体を優先的に支援すべきだと提言しました。
19日の財政制度等審議会では、インフラの維持管理や水害対策などがテーマとして取り上げられました。

財務省は、国民1人当たりが負担するインフラの維持管理コストは、人口減少とインフラの老朽化で、およそ30年後には最大で3倍を超える可能性もあるという見通しを示しました。

こうした状況を受けて、財務省は最新の技術を活用してインフラの維持管理にかかるコストの削減を図る自治体を、優先的に支援すべきだなどと提言しました。

このほか財務省は、洪水浸水想定区域に住む人が増えているとしたうえで、水害が想定される地域に住宅の建築規制などを導入してリスクを軽減できれば、防災や減災にかかるコストを抑えられると指摘しました。

これらの提言に対して、出席した委員からは「人口減少を前提とした、インフラ整備を進めるべきだ」などといった意見が出されたということです。

今後、審議会ではこうしたテーマごとの議論も踏まえて、来年度予算案の編成に向けた提言を来月中にも取りまとめるとしています。