クマ撃退にオオカミの形の装置 北海道 滝川市が本格導入検討

クマ撃退にオオカミの形の装置 北海道 滝川市が本格導入検討
k10012670611_202010191511_202010191513.mp4
先月、クマが住宅地近くで目撃された北海道滝川市で、オオカミの形をしたクマ対策の装置が設置され、市では一定の効果があるとみて本格的な導入を検討するとしています。
クマ対策として滝川市の住宅地に設置されたのは「モンスターウルフ」と名付けられた、オオカミの形をした装置です。

大きさは1メートルほどで、クマなどの野生動物が近づくと、赤外線センサーで感知し、首を振って目の部分に組み込まれた赤色のLEDライトを点滅させながら、大きな音を発します。

クマが装置に慣れないように、音の種類は、オオカミの鳴き声に加え、人の声や、銃声など、およそ60種類あります。

滝川市では、先月、住宅地付近でクマの目撃や足跡の発見が相次いだことをうけ、モンスターウルフを試験的に設置しましたが、設置後、その付近ではおよそ1か月、クマは出没していないということです。

市は、クマ対策に一定の効果があるとみて、今月いっぱい設置したうえで、本格的な導入を検討するとしています。

モンスターウルフを製作した、北海道奈井江町にある機械部品製造会社の太田裕治社長は、「いろんな工夫を凝らしたのでクマ撃退には自信があります。人とクマが共存できる環境づくりの助けになればうれしいです」と話していました。

モンスターウルフは、すでに全国62か所で設置されているということです。