住宅全焼 男性やけど 寒さで使用のストーブから火 大阪

住宅全焼 男性やけど 寒さで使用のストーブから火 大阪
17日午前、大阪 能勢町で住宅が全焼する火事があり、この家に住む71歳の男性が手などにやけどをしました。男性は「寒かったので石油ストーブを出し火をつけ、その場を離れた。その後、ストーブから火が出ていた」と話しているということです。
17日午前10時半すぎ、大阪 能勢町で「住宅から煙が上がっている」と近くの住民から消防に通報がありました。

火はおよそ2時間半後にほぼ消し止められましたが、木造平屋建ての母屋と2階建ての離れがいずれも全焼し、この家に住む71歳の男性が手や首にやけどをして病院で手当てを受けています。

警察によりますと、男性は「寒かったので石油ストーブを出して火をつけてその場を離れた。その後、ストーブから火が出ていた」と話しているということです。

警察は原因を詳しく調べるとともに、ストーブを使用する際に注意するよう呼びかけています。

能勢町では朝の最低気温が10.6度と、16日と比べて2度以上低くなっていました。