ALSへの理解を深めて 高校生とプロ野球・広島が啓発活動

ALSへの理解を深めて 高校生とプロ野球・広島が啓発活動
全身の筋肉が動かなくなる難病、ALS=筋萎縮性側索硬化症について理解を深めてもらおうと、高校生とプロ野球の広島が協力し広島市のマツダスタジアムで啓発活動を行いました。
広島県尾道市の県立御調高校の生徒会は教頭を務めていた男性がALSを発症したことをきっかけに、おととしからALSに関する支援活動を行っています。

17日の活動は生徒が球団に手紙を送ったことで実現しました。

広島対中日の試合が行われたマツダスタジアムのコンコースに設置されたALSについて説明するコーナーでは、初期症状として、物がつかめなくなったり、食べ物が飲み込みにくくなったりすることなど、病気の詳細がポスターで紹介されました。
また、ALSの患者などが目の動きでパソコンを操作して、遠隔で動かせるロボットも展示され、訪れた人たちが操作方法などを体験していました。
試合前には、選手たちが「カープ坊や」とこのロボットがデザインされたTシャツを着て練習しました。

Tシャツは販売され、売り上げは難病の支援活動に使われるということです。

生徒会長の宮廻響さんは「大きな会場で活動できてありがたいです。多くの人にALSについて知ってもらいたいです」と話していました。