行政手続きの押印99%以上廃止を検討 河野規制改革相

行政手続きの押印99%以上廃止を検討 河野規制改革相
すべての府省庁に求めている行政手続き上の押印廃止をめぐり、河野規制改革担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、対象となるおよそ1万5000種類の99%以上で「廃止」や「廃止の方向で検討」と回答があったことを明らかにしました。
この中で、河野規制改革担当大臣は、すべての府省庁に求めている行政手続き上の押印廃止について、およそ1万5000種類が対象となると説明しました。

そのうえで「99%以上は、『廃止』や『廃止の方向で検討』という回答をいただいた。残りは111種類で『存続の方向で検討したい』という話なので、1つずつ詰めている」と述べました。

また、河野大臣は、閣議に案件をはかる「閣議請議」という手続きについて、これまで専用の用紙に閣僚が押印し、きりで穴を開けたうえで紙の「こより」でとじていた慣例を廃止し簡略化したことを明らかにしました。