万博の協会のメールアドレス不正利用か 偽メール6万件余り送信

万博の協会のメールアドレス不正利用か 偽メール6万件余り送信
2025年に開かれる「大阪・関西万博」の実施主体となる公益社団法人のメールアドレスが何者かに不正に利用され、IDやパスワードをだまし取ろうとする偽のメールが6万件余り、送信されていたことがわかりました。法人は不正アクセスが行われたとして、注意を呼びかけています。
メールアドレスが不正に利用されたのは、「大阪・関西万博」の実施主体となる公益社団法人、「2025年日本国際博覧会協会」です。

協会によりますと、今月7日から8日にかけて何者かが協会のメールアドレスの1つを使って、およそ6万3000件のメールを送信していたということです。

メールは英語で書かれ、ほかのウェブサイトへのリンクが記されていて、IDやパスワードをだまし取ろうとする、いわゆる「フィッシングメール」だということです。

協会は不正アクセスが行われたとして、アカウントのパスワードを変更したところ、メールの送信は止まったということです。

協会は不正利用されたメールのアカウントから個人情報が流出したり、ほかのメールが盗み見られたりした形跡は確認できていないとしたうえで、注意を呼びかけています。

「2025年日本国際博覧会協会」は現在、原因の調査を進めているとしたうえで「関係者の皆様にご迷惑、ご心配をおかけし、深くおわびします。今後もセキュリティの強化に務め、再発防止に取り組みます」とコメントしています。