米ハワイ州 コロナで日本の観光客などの自主隔離 緩和の方針

米ハワイ州 コロナで日本の観光客などの自主隔離 緩和の方針
アメリカのハワイ州は、日本から訪れる観光客などについて、指定された医療機関で新型コロナウイルスの検査を受け陰性が確認されれば、到着後14日間の自主隔離を求めない方針を決め、今後、日本側との調整を急ぐことになりました。
ハワイ州は現在、アメリカのほかの州や海外から訪れる人に対して、到着後14日間、ホテルなどで自主的な隔離を行うことを求めていますが、ハワイ州によりますと、州内の感染状況が改善したため、まず、今月15日から、アメリカ国内からハワイに到着する人について、アメリカの基準を満たしたウイルス検査で陰性と判定され、到着したときの体温に異常がないなど、一定の条件を満たせば自己隔離を行う必要がなくなります。

さらにハワイ州は14日、日本から訪れる人についても、指定の医療機関で、決められたウイルス検査を受けるなどの条件を満たせば、到着後、自主的な隔離をしないで済むよう基準を緩和する方針を発表しました。

ただ、日本にこの基準をいつから適用するかは明らかにしておらず、「日本のさまざまな医療機関と協議を重ねている」とし、指定医療機関が確定次第、開始時期を発表するとしています。

新しい基準が日本にも適用されれば、日本からハワイを訪れやすくなることから、ハワイの観光業界では、期待が高まっています。

これについて、ハワイ州観光局で日本関係の業務の責任者を務めるミツエ・ヴァーレイ氏は、NHKの取材に対し「ハワイ州保健局は基本的に日本の厚生労働省が認可している検査については承認することを決定した」と述べました。

そのうえで「指定医療機関など詳細について日本側と協議していくことになるが、もう少し時間がかかりそうだ」と述べ、新しい基準を日本に適用する時期については日本側との今後の調整しだいだという認識を示しました。

航空会社 緩和に期待

日本とハワイを結ぶ便を運航する日本航空や全日空は、激減した国際線の利用者の回復につながることを期待しています。

このうち全日空は「関係者の皆様に感謝申し上げます。安全な検疫体制のもと、一日も早くハワイ日本間の本格的な往来が実現できますように願っております」とコメントしています。

ハワイ州の感染者数は減少

アメリカでは現在、多くの州で新型コロナウイルスの感染者数が増加する傾向にありますが、ハワイ州は、8月に300人を上回った1日当たりの新規の感染者数が、今は100人前後に減少しています。