“2回目の現金一律給付”の偽メールに注意を 総務省が呼びかけ

“2回目の現金一律給付”の偽メールに注意を 総務省が呼びかけ
新型コロナウイルス対策で、2回目の現金一律給付が実施されるという偽のメールが出回っていることから、総務省が注意を呼びかけています。
総務省によりますと、偽のメールは、差出人が「総務省」で、タイトルが「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」となっています。

総務省には、15日朝から問い合わせが相次ぎ、15日午前中だけでおよそ100件に上ったということです。

メールの本文には、対象者1人につき10万円を給付するという記載とともに、リンクがはられていて、アクセスすると、総務省のサイトに似た偽のサイトにつながるということです。

総務省は、個人情報を不正に盗もうとする悪質な詐欺の可能性が高いとして、「メールが届いても、記載されたリンクにはアクセスしないでほしい」と注意を呼びかけています。

加藤官房長官「決してアクセスしないで」

加藤官房長官は、午後の記者会見で、「当該メールやサイトは、国において、送付や開設をしたものではない。犯罪に用いられる可能性があるため、決してリンクにアクセスしないようお願いしたい。総務省において、SNSやホームページを使った注意喚起を行っている」と述べました。