バイデン氏疑惑記事にフェイスブックとツイッターが措置

バイデン氏疑惑記事にフェイスブックとツイッターが措置
アメリカ大統領選挙が来月に迫る中、民主党のバイデン氏の次男が外国の会社から多額の報酬を得ていたとされることに関連し、アメリカのメディアは、次男の仲介でバイデン氏がこの会社の幹部と会っていたと伝えました。
これについてフェイスブックは、社内の規定に基づいて、「ファクトチェックが終わるまで記事が表示される回数を減らす」としています。
アメリカのメディア「ニューヨーク・ポスト」は14日、バイデン氏の次男がウクライナの会社の役員に就任し多額の報酬を得ていたとされることに関連し、次男の仲介でバイデン氏がこの会社の幹部と会っていたと伝えました。

記事には、幹部が次男に送ったとされる「お父様にお目にかかる機会をいただき、感謝します」というメールの文面が含まれています。

これについてフェイスブックは、誤った情報の拡散や選挙への外国の干渉を防ぐ社内の規定に基づいて、「ファクトチェックが終わるまで記事が表示される回数を減らす」としています。

また、複数のメディアによりますと、ツイッターも、ハッキングで入手した個人情報の拡散を防ぐ規定などに基づいて、この記事のリンクを投稿できなくする措置をとりました。

これについてトランプ大統領は「とんでもないことだ」などとツイートし、両社を批判しています。

前回、4年前の大統領選挙をめぐり、アメリカの情報機関は、ソーシャルメディアを通じてロシアが介入したとしており、各社は対策を強化しています。

ホワイトハウス報道官の私用アカウントが凍結

トランプ陣営は14日、ツイッターに「民主党が好まないニュースを伝えたことで、ツイッターはホワイトハウスのマケナニー報道官の私用のアカウントを凍結した」と投稿しました。

この投稿にはマケナニー報道官の私用アカウントの画面を写した画像が付けられていて、この中で報道官は、「ニューヨーク・ポスト」の報道を引用する形で、ウクライナの会社がバイデン氏の次男に対し、多額の報酬と引き換えにバイデン氏の影響力を行使するよう求めるメールがあると主張しています。

画像には報道官のツイートに続いて、「あなたのアカウントはツイッターの規定に抵触したため凍結されました」とするツイッターのメッセージが掲載されています。

その後、マケナニー報道官は自身の公用のアカウントに投稿し、ツイッターとフェイスブックを名指ししたうえで、「検閲は非難されるべきだ。アメリカ人のやり方ではない」と批判しています。

これについてトランプ大統領も14日開いた集会で、「事実かどうか分からないが、マケナニー報道官のアカウントが凍結されたと聞いた。彼女が真実を伝えたからだ」と述べ、ツイッターを非難しました。