雪印メグミルク 液体ミルク40万缶回収 缶のコーティング混入か

雪印メグミルク 液体ミルク40万缶回収 缶のコーティング混入か
乳業メーカー大手の「雪印メグミルク」は、子会社が販売している「液体ミルク すこやかM1」に缶のコーティングの一部が混入している可能性があるとして、およそ40万缶を自主回収すると発表しました。
「雪印ビーンスターク」が自主回収するのは、賞味期限が来年9月16日以前の缶入りの液体ミルク「液体ミルク すこやかM1」です。

製造を委託している工場で行われた出荷前の検査で、商品に缶の表面のコーティングの一部が混入している可能性があることが分かり、ことし4月以降に発売したおよそ40万缶を自主回収することにしました。

会社によりますと、安全性に問題はなく、今のところ健康被害の訴えは寄せられていないということです。

「雪印ビーンスターク」は、「多大なご迷惑とご心配をおかけし、深くおわびします」としています。

問い合わせ先の電話番号は0120ー241ー537です。

受付時間は午前9時から午後5時までで、今月中は土日も受け付けているということです。