バングラデシュ 性的暴行事件の最高刑を死刑に引き上げ

バングラデシュ 性的暴行事件の最高刑を死刑に引き上げ
k10012662341_202010141113_202010141114.mp4
南アジアのバングラデシュで、女性が集団で性的暴行を受ける映像がSNS上に拡散したことをきっかけに市民の抗議デモが全土に広がり、政府は性的暴行事件の最高刑を死刑に引き上げました。
バングラデシュでは、女性が男の集団から性的暴行を受ける様子を撮影した動画がSNS上に拡散したことをきっかけに、今月、性犯罪の厳罰化を求める市民の抗議デモが全土に広がりました。

こうした中、バングラデシュのハミド大統領は13日、性的暴行事件の最高刑をこれまでの終身刑から死刑に引き上げることを承認しました。

地元の人権団体によりますと、バングラデシュでは、ことしに入って先月までに975人の女性が性的暴行の被害を受け、このうち43人が死亡するなど事件が後を絶たず、厳罰化を望む世論に押されて法定刑が引き上げられた形です。

これについて国際的な人権団体の「アムネスティ・インターナショナル」は、死刑への引き上げは犯罪の抑止につながらないとして、政府に対し被害を防ぐための実効的な対策を求めています。

性犯罪の厳罰化の流れは、女性に対する性的暴行が深刻な社会問題になっている隣国のインドでも進んでいて、7年前に最高刑が死刑に引き上げられています。