菅首相「日本学術会議」自民でも十分議論するよう要請

菅首相「日本学術会議」自民でも十分議論するよう要請
「日本学術会議」をめぐり菅総理大臣は、自民党で「会議」の在り方を検討し直す作業チームの座長に就任する塩谷元文部科学大臣と会談し、政府と連携しながら十分に議論するよう要請しました。
「日本学術会議」が推薦した会員候補6人が任命されなかったことを受けて、自民党は「会議」の在り方を検討し直す作業チームを立ち上げ、14日に初会合を開きます。

これを前に菅総理大臣は13日午後、作業チームの座長に就任する塩谷元文部科学大臣と総理大臣官邸で会談し「政府も行政改革の観点から検討を進める。党内でも政府と連携しながら、十分に議論してもらいたい」と要請しました。

このあと塩谷氏は記者団に対し「日本学術会議のあるべき姿が、しっかり明確になるような議論をしたい」と述べました。

加藤官房長官「任命と在り方は別」

加藤官房長官は午後の記者会見で、自民党が「日本学術会議」の在り方を検討し直す作業チームを立ち上げ、14日、初会合を開くことに関連して、「議論がなされ、答えが出てくれば、政府として受け止めたい」と述べました。

一方で「会員の任命に関する話と、学術会議として、どうあるべきかという話は別のもので、それぞれの問題意識の中で議論がなされるのだろうと思う」と述べました。

立民 福山幹事長「問題点すり替えず 真正面から説明を」

立憲民主党の福山幹事長は、記者会見で、「任命問題が起こったら、さも『日本学術会議に責任があるから、その改革をする』といった、目くらましのような議論があってはならない。今の政府の意思決定はいかがわしい。問題点をすり替えるようなやり方はやめ、真正面から向き合って、国民に説明してもらいたい」と述べました。