東武東上線でポイント故障 乗客を線路に降ろし誘導

東武東上線でポイント故障 乗客を線路に降ろし誘導
k10012660701_202010131055_202010131055.mp4
13日午前、東京 池袋駅近くで東武東上線の列車が乗客を乗せたまま動けなくなり、およそ890人の乗客を線路に降ろして誘導しました。東武東上線は池袋駅近くの一部区間でおよそ3時間にわたって運転を見合わせました。
13日午前9時すぎ、東武東上線の池袋駅構内でポイント故障が起き、池袋駅に向かって近くを走っていた上り電車1本が乗客を乗せたまま動けなくなりました。

東武鉄道によりますと、1時間ほどたった午前10時すぎから乗客を線路に降ろし、全員を線路の外に誘導したということです。

当時、列車にはおよそ890人の乗客が乗っていましたが、けが人はいませんでした。

このポイント故障の影響で、東武東上線は池袋駅と上板橋駅の間の上下線でおよそ3時間にわたって運転を見合わせましたが、正午すぎに全線で運転を再開しました。
動けなくなった東武東上線の電車に乗っていたNHKの職員が撮影した映像には、乗客がスロープのようなものを使って電車から降りたあと、一列になって線路脇を歩いている様子が映っています。

撮影した職員によりますと、乗客は1時間以上、車内に閉じ込められましたが、乗客はパニックになることなく、落ち着いていたということです。

電車に乗っていたNHK職員の話

動けなくなった東武東上線の電車に乗っていたNHKの職員は、「電車がゆっくり止まったあと、車内アナウンスでポイント故障が起きたことが知らされました。最初はすぐに復旧すると思いましたが、結果的に1時間ほど車内にとどまることになり、想像以上に長く感じました。ただ、乗客はみんな落ち着いていて、パニックになることはありませんでした。電車を降りた後、線路脇を歩いて池袋駅の方向に向かいました」と話していました。