台風19号で被害の橋 降雨時に大量の水集中しやすいなど共通点

台風19号で被害の橋 降雨時に大量の水集中しやすいなど共通点
去年の台風19号で被害を受けた橋と川の構造の関連を専門家が調査したところ、大きな被害を受けた複数の橋に、雨が降ると大量の水が集中しやすいなどの共通点があることがわかりました。専門家は、こうした橋を事前に把握し、集中的に補強する必要があると指摘しています。
去年10月の台風19号で、長野県内では、▼上田市にある上田電鉄の橋の一部が崩落したほか、▼東御市でも県道の橋が崩れて1人が死亡するなど、橋が壊れる被害が相次ぎました。

台風から12日で1年となる中、河川の災害に詳しい東京理科大学の二瓶泰雄教授は千曲川にかかる50の橋と川の構造との関連を調査しました。

それによりますと、大きな被害を受けた5つの橋で▼川の中流部に位置し▼上流側の流域の面積が広く雨が降ると大量の水が集中しやすい場所にあることや▼川幅が狭かったり川底が浅かったりして水の勢いも増す場所にあるなどの共通点が確認できたということです。

こうした場所にある橋は、橋脚などに大量の水が勢いよくぶつかるため比較的新しいものでも、土台部分が削られて傾いたり、崩落したりするということです。

二瓶教授は、「豪雨災害の際に被害が出やすい橋の傾向が見えてきた。リスクが高い橋をあらかじめ把握し、地盤を集中的に補強するなど優先的に対策を講じる必要がある」と指摘しています。