JR横浜駅構内や周辺で「異臭」の通報が相次ぐ 一時改札を規制

JR横浜駅構内や周辺で「異臭」の通報が相次ぐ 一時改札を規制
k10012660091_202010121818_202010121818.mp4
12日夕方、JR横浜駅構内や駅の周辺で「ガスのような臭いがする」といった通報が消防や警察に相次いで寄せられました。
神奈川県内では、ことし6月以降、同じような通報が相次いでいて、県などが原因の調査を進めています。
横浜市消防局によりますと、12日午後4時半ごろ、JR横浜駅構内や駅の周辺で「ガスのような臭いがする」といった通報が相次いで寄せられたということです。

JR東日本横浜支社によりますと、駅の利用客からも異臭がするという連絡があり、横浜駅の中央南改札を午後4時40分ごろから20分ほど規制して、異常がないか確認しましたが、これまでのところ気分が悪くなった人はおらず、列車の運行にも影響は出ていないということです。

神奈川県内では、ことし6月に横須賀市や三浦市の住民から、異臭を訴える通報が寄せられて以降、月に1度ほどのペースで、同じような通報が県内の広い範囲で続いています。

これまでに臭いの原因は特定できておらず、神奈川県は、警察や消防、それに海上保安庁などと連携して調査を進めています。