IR汚職事件 中国企業元顧問2人 贈賄の罪 執行猶予付き有罪判決

IR汚職事件 中国企業元顧問2人 贈賄の罪 執行猶予付き有罪判決
秋元司衆議院議員が起訴されたIR・統合型リゾート施設をめぐる汚職事件の裁判で、贈賄の罪に問われた中国企業の元顧問2人に対し、東京地方裁判所は執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。
中国企業「500ドットコム」元顧問の紺野昌彦被告(49)と仲里勝憲被告(48)は、IRへの参入をめぐり衆議院議員の秋元司被告(48)におよそ760万円相当の賄賂を提供したとして贈賄の罪に問われました。

12日の判決で東京地方裁判所の丹羽敏彦裁判長は「秋元議員に多額の金銭を提供し、贅を尽くした露骨な接待をして関係を深め、たびたび情報提供を受けていた。政府が推進するIR事業の信頼を大きく損なった」と指摘しました。

一方で、2人が秋元議員や支援者からの証人買収の依頼を断ったことを踏まえ、「対価を伴う偽証の依頼を断り、反省している」として、紺野元顧問に懲役2年、執行猶予3年、仲里元顧問に懲役1年10か月、執行猶予3年を言い渡しました。