ベトナム中部で大雨続く 17人死亡 13人行方不明

ベトナム中部では降り続く大雨の影響で世界遺産に登録されている町が水につかるなど各地で被害が相次ぎ、これまでに少なくとも17人が死亡し、13人の行方がわからなくなっています。現在台風が上陸し、大雨が降っていることから、当局は避難を呼びかけるなど警戒を強めています。
ベトナムでは低気圧の影響で先週から中部を中心に強い雨が降り続き、歴史的な町並みが世界遺産に登録されている観光地ホイアンが水につかるなど、各地で被害が相次いでいます。

現地メディアによりますと、これまでに少なくとも17人が死亡したほか、13人の行方がわからなくなっているということです。

また、住宅などおよそ3万3000戸が浸水する被害を受け、3万人余りが避難生活を余儀なくされているということで、11日に中部の町で撮影された映像からは、茶色く濁った水が激しく流れる中、船の上に避難した人がヘリコプターで救助される様子や、腰の高さまで水につかった町の中を歩いたりボートに乗ったりして避難する人たちの姿も確認できます。

ベトナムでは去年大雨で132人が死亡し、200人余りがケガをしています。

現在、ベトナムには台風が上陸し大雨が降っていることから、当局は住民に避難を呼びかけるなど警戒を強めています。