野口聡一さんの民間宇宙船 打ち上げ延期 エンジンが想定外作動

野口聡一さんの民間宇宙船 打ち上げ延期 エンジンが想定外作動
NASA=アメリカ航空宇宙局は、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんらが搭乗する予定の民間宇宙船の打ち上げを、技術的な問題から来月以降に延期すると発表しました。
NASAとアメリカの宇宙開発企業「スペースX」は、新たに開発された民間の宇宙船「クルードラゴン」の1号機を「ファルコン9」ロケットで打ち上げ、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんら4人の飛行士を国際宇宙ステーションに送り届ける計画を進めています。

NASAは10日、この宇宙船の打ち上げを当初予定されていた今月31日から、来月の上旬から中旬以降に延期すると発表しました。

NASAの発表によりますと、「ファルコン9」ロケットの最近の打ち上げで、1段目のエンジンが想定外の作動を示したということで、NASAとスペースXは「延期により、この問題の解決に取り組む追加の時間が得られる」としています。

NASAはスペースX社と宇宙飛行士を定期的に国際宇宙ステーションまで運ぶ契約を結ぶ見通しで、今後、技術的なデータを共有して、問題を特定し、打ち上げの判断をするとしています。