台風14号 伊豆諸島 三宅村など「大雨特別警報」

台風14号 伊豆諸島 三宅村など「大雨特別警報」
k10012657921_202010102254_202010102301.mp4
伊豆諸島の三宅村と御蔵島村では記録的な大雨が降り、大雨の特別警報が発表されています。台風14号は11日朝にかけて伊豆諸島南部に近づく見込みで、安全な場所での避難を継続するなど最大級の警戒を続けてください。
気象庁によりますと、台風14号は11日午前0時には伊豆諸島の八丈島の南南西140キロの海上を1時間に20キロの速さで東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の北側130キロ以内と南側75キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

伊豆諸島には10日から発達した雨雲がかかり、三宅島の坪田では10日午後11時までの48時間に降った雨の量が543.5ミリと平年の10月1か月分の雨量を上回って統計をとり始めてから最も多くなっています。

この大雨で気象庁は10日午後5時、東京の伊豆諸島の三宅村と御蔵島村に大雨の特別警報を発表しました。5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報で土砂崩れなどによる重大な災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況です。

安全な場所での避難を継続するなど、最大級の警戒を続けてください。

伊豆諸島ではこのほか伊豆大島の大島町にも土砂災害警戒情報が出されているほか、この時間は八丈島に発達した雨雲がかかり強い雨が降っています。

伊豆諸島 局地的に非常に激しい雨のおそれ

台風は11日朝にかけて伊豆諸島南部に近づく見込みで、伊豆諸島では11日明け方にかけ、局地的に雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

11日夜遅くまでの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで伊豆諸島の南部で200ミリ、北部で100ミリと予想されています。

風と波の予想

東日本の太平洋側では11日は、海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、
▽伊豆諸島で最大風速が25メートル、最大瞬間風速が35メートル、
▽東海で最大風速が22メートル、最大瞬間風速が35メートル、
▽関東で最大風速が20メートル、最大瞬間風速が30メートルと予想されています。

波の高い状態も続き
▽伊豆諸島で7メートル、
▽関東と東海で5メートルと予想されています。

伊豆諸島 土砂災害や浸水などに最大級の警戒を

気象庁は、伊豆諸島では土砂災害や浸水、川の増水に最大級の警戒を続けるとともに、伊豆諸島や関東、東海などの太平洋沿岸では、暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。