台風14号 西日本と東日本に接近 伊豆諸島と太平洋側大雨警戒を

台風14号 西日本と東日本に接近 伊豆諸島と太平洋側大雨警戒を
k10012655461_202010092324_202010092325.mp4
台風14号は、四国の南の海上を北東に進み、10日の日中から夜遅くにかけて西日本と東日本に近づく見込みです。台風と前線の影響で西日本と東日本の太平洋側や伊豆諸島を中心に大雨になるおそれがあるほか、暴風や高波にも警戒が必要です。
気象庁によりますと、台風14号は、10日午前0時には高知県室戸岬の南220キロの海上をゆっくりとした速さで北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心の半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

高知県の室戸岬では10日午前0時10分ごろに29.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

本州の南にのびる前線の影響で、四国から東日本にかけての広い範囲で雨が降り、特に伊豆諸島の八丈島では、午前0時までの72時間に降った雨の量が508ミリに達し、平年の10月、1か月分をすでに超えています。

台風はこのあと次第に進路を東寄りに変え、10日の日中から夜遅くにかけて西日本と東日本に近づくと予想されています。

上陸可能性低いものの大気は非常に不安定 大雨のおそれ

台風が上陸する可能性は低くなっていますが、これから前線の活動が活発になり、西日本と東日本の太平洋側では大気の状態が非常に不安定となる見込みで、特に、紀伊半島や伊豆諸島では局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

11日午前0時にかけての24時間に降る雨の量は、
いずれも多いところで、
▽伊豆諸島で300ミリ、
▽三重県と静岡県で250ミリ、
▽近畿南部で180ミリ、
▽関東甲信で140ミリと予想され、
伊豆諸島では
その後、11日夜遅くまでの24時間に100ミリから200ミリの雨が予想されています。

風と波の予想

風と波の予想です。

西日本と東日本の太平洋側では海上を中心に非常に強い風が吹き、
伊豆諸島では猛烈な風が吹くおそれがあります。

10日の各地の風速は、
▽伊豆諸島で
 最大風速が30メートル、
 最大瞬間風速が40メートル、
▽四国と近畿、東海で
 最大風速は25メートル、
 最大瞬間風速は35メートル、
▽関東甲信と九州北部で、
 最大風速が20メートル、
 最大瞬間風速が30メートルと予想されています。

11日は伊豆諸島で、最大風速は25メートルから29メートル、最大瞬間風速は35メートルから45メートルに達すると予想されています。

波も高く、
▽四国で9メートルの猛烈なしけとなるほか、
▽近畿と東海、伊豆諸島で8メートル、
▽九州北部と関東で6メートルの大しけになる見込みです。

関東と伊豆諸島では11日も大しけが続く見込みです。気象庁は大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水のほか暴風や高波に警戒するよう呼びかけています。

気象庁予報官「上陸の可能性低いが 大雨に引き続き警戒必要」

台風14号の今後の見通しについて、気象庁予報課の杉本悟史主任予報官は、「台風の予想進路は、日本の南寄りを通るコースに変わり、上陸する可能性が低くはなったが、大雨には引き続き警戒が必要だ」と呼びかけました。

そのうえで、「太平洋側の南東や東に開けた斜面では地形が影響して大雨になるおそれがあるほか、伊豆諸島から関東の南岸付近では前線が停滞して大雨になる可能性がある。台風本体だけではなく、台風の北側を通る前線の活動が活発かどうかも注目してほしい」と話しています。

和歌山では女性が強風にあおられ転倒し骨折

和歌山県串本町の消防本部によりますと、町内に暴風警報が出ていた9日午後6時ごろ、国道脇の歩道を歩いていた50代の女性が強風にあおられて転倒しました。

女性は左足を骨折し、病院で手当てを受けたということです。