イスラエル企業 捜査機関向け技術 中国と香港への提供停止

イスラエル企業 捜査機関向け技術 中国と香港への提供停止
各国の捜査機関にスマートフォンの情報を外部から取り出す技術を提供しているイスラエルの企業が、中国と香港への製品の販売などを停止したと発表しました。この企業の製品をめぐっては、香港の民主活動家が、警察の取締りに使われているなどとして販売の停止を求めていました。
捜査機関向けのサイバー技術の開発などで知られ、日本企業の傘下に置かれているイスラエルの企業「セレブライト」は7日、中国と香港への製品の販売やサービスの提供を停止したと発表しました。

この企業では、犯罪捜査などを目的に、スマートフォンの情報を特殊な端末を使って取得する技術などを開発していて、各国の政府機関や企業と取り引きがあるとしています。

一方、香港の民主活動家は、この企業の製品について抗議活動などに対する警察の取締りに使われているとして、署名活動をして香港当局への販売を停止するよう求めていました。

今回の対応についてセレブライトは、「アメリカの規制の変更によるもので今後も国際的なルールや規制にのっとって事業を続けていく」と説明しています。