台風14号 8日に大東島 9日以降 奄美や西日本に近づくおそれ

台風14号 8日に大東島 9日以降 奄美や西日本に近づくおそれ
k10012650941_202010071917_202010071918.mp4
強い台風14号は、8日の明け方に沖縄の大東島地方に接近し、9日以降は、西日本に近づくおそれがあります。前線の活動が活発になる影響で、台風本体から離れた西日本や東日本でも大雨になるおそれがあり、最新の情報に注意が必要です。
気象庁によりますと、強い台風14号は、7日午後11時には、沖縄県の南大東島の東北東およそ250キロの海上を1時間におよそ25キロの速さで北西へ進んでいるとみられます

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

8日の明け方には大東島地方に接近し、9日以降、鹿児島県の奄美地方や西日本に近づくおそれがあります。

風と波の予想は

沖縄や奄美では、これから風が強まり、非常に強い風が吹く見込みです。

8日にかけての最大風速は、
▽奄美で25メートル
▽沖縄と九州南部で23メートル
▽九州北部で20メートル

最大瞬間風速は、
▽奄美と沖縄、九州南部で35メートル
▽九州北部で30メートルと、予想されています。

波も高くなり、
▽奄美と九州南部で10メートルの猛烈な、しけが予想されているほか
▽沖縄で8メートル
▽四国で6メートルと、予想されています。

接近前の大雨にも警戒を

前線の活動が活発になるため、台風から離れた地域でも大雨に警戒が必要です。

8日夕方にかけての24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽伊豆諸島で150ミリ
▽沖縄と東海で100ミリと、予想されています。

その後、9日の夕方にかけての24時間には、いずれも多いところで、
▽東海と伊豆諸島で100ミリから200ミリ
▽近畿で100ミリから150ミリの雨が降ると予想されています。

9日以降の予報にはまだ幅がありますが、前線の活動が活発になり、西日本や東日本で大雨のおそれがあります。

気象庁は最新の台風の情報に注意するとともに、暴風や高波、それに大雨による土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

上陸しなくても接近前から 大雨警戒

台風14号の予報にはまだ大きな幅があるものの、東日本や西日本では前線の活動が活発になる影響で台風が近づく前から雨が降り続き、総雨量が増えるおそれがあります。

台風が上陸しなかったとしても、大雨には警戒が必要です。

台風14号の東側には前線が長くのびており、南から、湿った空気が流れ込んでいます。

すでに近畿や東海、それに関東にも雨雲がかかっていますが、台風の北上に伴って雨が強まり、特に9日以降は、前線の活動が活発になって西日本や東日本で大雨のおそれがあります。

特に、九州南部や四国などの南東側に開けた斜面では雨雲がかかり続けるおそれがあるほか、そのほかの地域でも、総雨量が増えるおそれがあります。

台風の進路の予報に加えて、最新の雨の見通しにも注意をしてください。