巨人 菅野智之 開幕投手から13連勝 プロ野球記録更新

巨人 菅野智之 開幕投手から13連勝 プロ野球記録更新
プロ野球・巨人のエース、菅野智之投手が6日夜のDeNA戦で勝ち投手となり、開幕投手からの連勝を「13」に伸ばしてプロ野球記録を更新しました。
菅野投手は6日夜、本拠地の東京ドームで行われたDeNA戦に先発し、7回を投げて3失点におさえ勝ち投手となりました。

この結果、開幕投手からの連勝を「13」に伸ばして、巨人の岩隈久志投手が近鉄時代の平成16年にマークしたプロ野球記録を更新しました。

また、菅野投手は6日の勝利で通算勝利数が100勝に到達しました。

菅野投手が138人目の記録ですが、平成生まれの投手では初めてです。

このほか、巨人のシーズン初登板からの連勝記録は、昭和41年に堀内恒夫さんがマークした「13」が最高で、菅野投手はこの球団記録に並びました。

菅野「記録まだ伸ばしていきたい」

菅野投手は、開幕投手からの連勝を13に伸ばして、プロ野球記録を更新したことについて、「もちろん達成感があるし、喜びや感謝の気持ちは強いが、それほど自分がすごいことをしたという実感はない」と話しました。

そして、「先人たちが築き上げてきた記録はなかなか抜けないものだと思っているので、それを更新できて本当にうれしいし、まだ伸ばしていきたい」とさらなる記録の更新に意欲を示しました。

また、通算勝利数が100勝に到達したことについては、「まさか自分が100勝できるとは思っていなかったので本当にいろいろな人に感謝している。ことし、巨人では戸郷投手が頑張っているので、戸郷投手にもそういうところを目指して頑張ってほしい」とチームの後輩で2年目の20歳、戸郷翔征投手にもエールを送っていました。