ポンペイオ長官 訪日のねらいは… インタビューで何を語ったか

ポンペイオ長官 訪日のねらいは… インタビューで何を語ったか
日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国の外相会合などに参加するため来日しているアメリカのポンペイオ長官は、6日午後、都内でNHKの単独インタビューに応じました。要旨を掲載します。

トランプ大統領の様子

「トランプ大統領が入院中だった5日、90分間にわたって話したが元気そうだった。すべてうまくいっているようだ」

訪日のねらい

「ねらいは2つある。1つは菅総理大臣に対し、就任への祝意を伝え、2国間関係について話すこと。アメリカと日本は長きにわたってよい関係を維持してきた。菅総理大臣とはよい会談を持つことができた。東京オリンピック・パラリンピックの開催など、多くの成功を願っていることを伝えた」

「もう1つは、アメリカ、日本、インド、そしてオーストラリアの4か国の外相の間で、インド太平洋が自由で開かれ、法により支配されていること、さらに、自由と民主主義を重視するわれわれが中国共産党の脅威に反対していることを確認するためだ」

中国の脅威

「世界はあまりにも長い間、中国による脅威にさらされてきた。いまこそ、この問題に真剣に対応しなければならない」

「中国共産党は香港において50年続くと約束していた『一国二制度』をなきものにした。わたしたちは台湾で何が起きるのか、注視している」

「これはアメリカ対中国という問題ではない。自由と専制政治のどちらを選ぶかの問題だ。軍や威圧的な力を使って弱い者をいじめる国に世界を支配させてよいのか」

「次の世紀がルールにのっとった国際的な秩序による支配になるのか、それとも中国のような威圧的な全体主義国家による支配になるのか、という話だ」

「重要なのは4か国だけではなくASEAN=東南アジア諸国連合など、地域全体でこのような課題に対抗していくことだ」

「(東シナ海や南シナ海における中国の挑発的な軍事行動について)弱さを見せれば、つけこまれる。譲歩することは、威圧的で軍事的な手段を用いて問題を解決しようとする国を利することになる。例えば、インドとの国境地帯や東シナ海や南シナ海、香港、カンボジア、台湾、新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区の問題がある。中国に対抗するためにはこちらも力を持つこと、そして、日米のように価値観を共有する国々で連携していくことだ」

日米関係

「日本とアメリカは長きにわたり、よい友人である。それは私たちが人間の尊厳と自由について共通の価値観を持っているからだ。このことは両国、地域、そして世界によい結果をもたらす」

在日アメリカ軍の駐留経費(思いやり予算)

「われわれは(駐留経費について)議論するために、今後、何週間、何か月にもわたって、日本政府と真剣な話し合いをするだろう」

「アメリカと日本がそれぞれ善意を示した形の取り決めに到達することや互いに協力しあい、両国が必要とする成果を得られることを確信している」

「それぞれが公正かつ公平と感じる方法で負担を分担する。課題を解決できると強く確信している」