日本製鉄 千葉 君津の高炉1基操業再開へ 鉄鋼需要持ち直しで

日本製鉄 千葉 君津の高炉1基操業再開へ 鉄鋼需要持ち直しで
鉄鋼最大手の日本製鉄は、新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な景気の落ち込みで一時的に操業を停止していた千葉県君津市にある主力の製鉄所の高炉1基を再開させることを決めました。自動車向けを中心に鉄鋼製品の需要が持ち直しているためだとしています。
日本製鉄は、感染拡大による世界的な景気の落ち込みで、自動車メーカーが生産を停止したことなどを受けて、千葉県、茨城県、それに和歌山県にある製鉄所の3基の高炉について一時的に操業を停止していました。

このうち、千葉県君津市にある主力の製鉄所の高炉1基は、自動車向けを中心に需要が持ち直していることから11月下旬をめどに操業を再開させることを決めました。

和歌山県と茨城県の製鉄所の2基の高炉は、引き続き操業を停止するということです。

大手鉄鋼メーカーは、感染拡大で経営環境が大きく悪化していましたが、JFEスチールも一時的に操業を停止していた広島県福山市の製鉄所の高炉を9月再稼働するなど一部で生産調整を見直す動きが出ています。