近畿大学サッカー男子部員5人が大麻使用 部活動を無期限停止に

近畿大学サッカー男子部員5人が大麻使用 部活動を無期限停止に
近畿大学は、サッカー部に所属する男子部員5人が大麻を使用していたと発表しました。大学は警察にも連絡し、詳しいいきさつを調べています。
これは、5日に近畿大学が大阪市内で記者会見し、明らかにしました。

それによりますと、先月30日、サッカー部の一部の部員からコーチに「大麻を使用している部員がいる」と情報提供があり、翌日、62人の部員全員に聞き取りをしたところ、2年生から4年生までの5人の男子部員が大麻の使用を認めたということです。

このうち部員の1人は、去年12月からことし5月にかけて、ツイッターで知り合った人物から大麻を購入し、ほかのチームメイト3人と使用していたと話しているということです。

また、残る1人は、去年10月に大阪市内のナイトクラブで知り合った男性から大麻をもらったということです。

大学は警察に連絡するとともに、独自に調査チームを立ち上げて詳しいいきさつを調べています。

近畿大学サッカー部は関西学生リーグの1部に所属し、昨シーズンは8位でした。

大学は今回の問題を受けて、サッカー部の活動を無期限停止にするとともに、現在行われているリーグ戦の出場を辞退しました。

近畿大学の渥美寿雄副学長は「学生がこのような事態を起こしたことは誠に遺憾で申し訳ありません。大学としても責任を感じております」と謝罪し、今後、およそ3万3000人の学生全員にアンケート調査を実施する方針を明らかにしました。

「きぜんとした態度で適切に対応」全日本大学サッカー連盟

近畿大学のサッカー部員5人が大麻を使用していたことについて、全日本大学サッカー連盟は、近畿大学が所属する関西学生サッカー連盟を通じて5日、報告を受けたということです。

全日本大学サッカー連盟は「大学内で調査中であり、調査終了後の学内の処分を受けて、まずは関西学生サッカー連盟が対応することになる。不正や違法行為に対しては以前からきぜんとした態度を取っており、今回も両者の報告内容によって適切な対応を取る予定だ」とコメントしています。